悪口

 

 

 

嘘つきでわがままなお姫様のお話です。

韓国の教材ですが、CD付きでストーリーの中に歌や効果音も入っています。

このお話がいいと思うのは・・

 

 

「お前はなんて自分勝手<selfish>なんだ」

 

「あのブサイク<ugly>なカエル」とか

 

相手を侮辱する生きた英単語が満載。

将来、英語圏で喧嘩するのに役立ちます。

 

対して

 

「 If you make a promise,  you must keep your promise.

 

 

「約束したら守らないといけないよ」

と、嘘をついた姫をさとす言葉もいいです。

 

英検5級

 

 

 

5級は日本で英語を勉強している小学生が、力を確認するのに良い機会です。

 

出題されるボキャブラリーと問題のパターンは決まっているので、

過去問題を繰り返し解くことは重要です。

<予想問題集ではなくて、実際の過去問題を解くことをお勧めします>

 

もし不合格したとしても、根気よく続けていれば大丈夫。

小学生でも英検は努力すると必ず結果になる試験です。

 

*筆記とリスニングの差がないようにすること

*感ではなく、理解して回答を出す

 

これらを意識して勉強すると着実になります。

小学生でも英検を活用しながら、漠然としたままではなく、

自分の力をしっかり確認することは意味のあることです。

まずは5級から頑張っていきましょう。

 

I draw an apple.

 

 

Mouse Paint 1

評価:
Ellen Stoll Walsh
HMH Books for Young Readers
¥ 689
(1995-03-27)

 

赤・青・黄色の絵の具を混ぜて、新しい色を発見するネズミたちのお話です。

 

 

 

 

 

赤と黄色を混ぜるとオレンジになります。

 

 

 

 

黄色+青=緑

 

 

 

 

青+赤=紫

 

この赤・青・黄色を「色の三原色」と言います。

この三つの基本的な色の混色の配合によって、

すべての色を作り出すことができると言われています。

 

 

Red and Yellow make Orange.

 

Yellow and Blue make Green.

 

Blue and Red make Purple.

 

子供達は実際に塗った絵を見ながら自然に発語することができます。

 

 

色が変わった喜び、絵の中のネズミたちと水たまりが見えるでしょうか。

 

 

 

Mouse Paint 2

 

 

<絵本からのアクティビティ>

 

 

 

丁寧に切る練習

 

 

 

 

 

色とフルーツを覚えるゲーム

 

 

 

絵本ではネズミが飛ぶ動きを、ただジャンプだけではなく

「Hop」・ 「Step」 ・「Jump」と異なった語彙で表現しています。

その使い分けを身体で練習。

子供達はこういうことが本当に大好きですね・・

 

 

 

sure

 

 

ーcan you get the butter from the refrigerator, please?

 

 

1 Thank you 

2 Sure

 

児童英検で出題された問題。

音声を聞いてどちらが答えか選びます。

 

Sureは「もちろん!」とか「<気軽に>いいよ」というニュアンスですが、

英語圏では日常的によく使われます。

 

 

Can you get one piece of chocolate cake from the refrigerator, please?

- Sure. Here you are.
Thank you!
というシンプルなやり取りを練習します。
上手になって慣れてくると、「しゅわしゅわシュワ〜」日本語にすりかえて遊ぶ人達・・
お家に帰っても忘れないでね。
食べ物は The very hungry caterpiller から。
one sausage
one cup cake
one piece of chocolate cake
one lollipop
one piece of cherry pie
one pickle
one icecream cone
one slice of water melon
どれが一番好きかな?

 

 

 

「 V 」を身体で覚える

 

 

up side down 「 V 」shape 

これはアルファベットの「 V 」の逆さまになったヨガのポーズです。

 

 

 

 

下の犬の土台<foundation>がしっかりしていないとぐらつきます。

上の犬も腹筋と腕の力がピリピリ。均整<Alignment> 取れてるかな?

 

*「 V 」の発音、下唇を噛むのですが

 前歯が抜けているので出来ません。それがなんとも可愛い。

 

初めてのアルファベット

 

3〜6さいの小さなお友達へおすすめ絵本です。

  

「ONE BOY」 Laura Vaccaro Seeger 

 

 

 

  箱の中の文字と同じカードを探してみようと提案します。

 

小さな子供は「同じもの」を探すのが大好き。びっくりするほど真剣に探します。

 

この文字の一致が、3〜6歳の幼児には感動を与えます。

 

 

 

 

小さな子供は、アルファベットをABC表で歌うことができても、それを反対から読んだり

どの文字が「 K」で、どれが 「 Y」なのかよくわかっていません。

そこで、文字合わせをさせると、単体としてのアルファベットへの意識が高まります。

 

 

 

 

「MICE」から「 ICE」へとページが移っていきます。

「同じ文字」が隠れているという楽しさに加えて、さらにカードで「同じ言葉」を作る。

たったそれだけのことに喜びがあるのです。

 

幼児が「同じもの」を発見してしてゆくことは、世界を知るための羅針盤ですね。

 

英語の文字を描く前に、お家でも、Ziploc の「Z」、「S」サイズ「M」サイズなど

私たちの日常生活の中にはアルファベットがいっぱいです。

小さい目線と一緒になって探してみてくださいね。

 

 

おすすめ絵本「雪渡り」 Snow crossing 宮澤賢治

 

 

おすすめのCD付き英語絵本のご紹介です。

 

この本が良いのは、CDの朗読が日本語原作の「雪渡り」のイメージに合っていることです。

宮澤賢治の世界観が英語になってもエッセンスを残している貴重なもの。

 

日本語の後に英語が続きますが、全部が英語である朗読よりもあえておすすめします。

詩的で多彩な表現のセンテンスをわかりやすく区切って聞き取ることができますよ。

日本語でもオススメしたい、東北の原風景が伝わる隠れた名作。

画家の司修さんが絵を描いているのも豪華です。