初めてのアルファベット

 

3〜6さいの小さなお友達へおすすめ絵本です。

  

「ONE BOY」 Laura Vaccaro Seeger 

 

 

 

  箱の中の文字と同じカードを探してみようと提案します。

 

小さな子供は「同じもの」を探すのが大好き。びっくりするほど真剣に探します。

 

この文字の一致が、3〜6歳の幼児には感動を与えます。

 

 

 

 

小さな子供は、アルファベットをABC表で歌うことができても、それを反対から読んだり

どの文字が「 K」で、どれが 「 Y」なのかよくわかっていません。

そこで、文字合わせをさせると、単体としてのアルファベットへの意識が高まります。

 

 

 

 

「MICE」から「 ICE」へとページが移っていきます。

「同じ文字」が隠れているという楽しさに加えて、さらにカードで「同じ言葉」を作る。

たったそれだけのことに喜びがあるのです。

 

幼児が「同じもの」を発見してしてゆくことは、世界を知るための羅針盤ですね。

 

英語の文字を描く前に、お家でも、Ziploc の「Z」、「S」サイズ「M」サイズなど

私たちの日常生活の中にはアルファベットがいっぱいです。

小さい目線と一緒になって探してみてくださいね。

 

 

スポンサーサイト

コメント